新潟淡麗の取組み action list

新潟県醸造試験場

解説

新潟県醸造試験場は、新潟清酒の頂点ともいえる機関です。このような機関は、全国ではここだけです。その理由は二つあります。

清酒製造の免許をもっています。清酒製造研究機関であっても国の免許がなければ製造することができません。

清酒製造だけの単独の指導、試験研究機関です。他県では、食品全般の研究機関のなかに清酒部門があったりしています。

以上のような二つの理由で、新潟県醸造試験場は日本一であると考えられます。 新潟県醸造試験場は、1930年(昭和5)に創立されました。新潟県産酒の品質向上、酒造従業員の養成、酒造用原料米(酒米)の改良など、当時の新潟県酒造業界の要望を入れて、新潟県が設立した、研究指導機関です。1981年(昭和56)鉄筋コンクリート造の2階建に改築されて今日に至っています。 場所は、新潟市で日本海をのぞむ静かな松林の風致地区にあります。現在は、6名の研究員がおり、新潟淡麗の新潟清酒の試験研究指導にあたっています。

    

新潟県醸造試験場アクセス

新潟県醸造試験場 map

【住所】
新潟市中央区水道町2-5932-133
【TEL】025-222-4568
【FAX】025-224-0957


Googleマップで表示